肺炎

紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caが人体に吸収されるのを促す作用が知られていて、血液の中のカルシウム濃度をコントロールし、筋肉の働きを調整したり、骨を作ったりします。
陰金田虫(いんきんたむし)は20代〜30代の男性に多く見られており、基本的には股間部にだけ広がり、体を動かしたり、お風呂上りなど全身が温まると強烈な痒みに苦しみます。
高齢の人や病気を持っている人などは、殊に肺炎を発症しやすくなかなか治らない傾向があるため、予防する意識や迅速な手当が大事なのです。
食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒の強力な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と毒の微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類になっています。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容が欧米化したことや煙草・お酒を毎晩飲む事・隠れ肥満などのライフスタイルの質の低下、ストレスなどにより、ここ数年日本人に増加しているという病気だといえます。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変動がなく、体重だけが食物摂取や排尿などによって短時間で増減するようなケースでは、体重が増えたら体脂肪率は下がり、体重が減った人は体脂肪率が上がることがわかっています。
急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・悪心・下痢に見舞われる位で済みますが、細菌感染が原因の場合は相当ひどい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高い発熱が特徴だといえます。
悪性の卵巣腫瘍である卵巣ガンは、通常なら体をガンから保護する役目をする物質を産出するための型のような遺伝子が異常をきたすことで発症してしまうとのことです
塩分や脂肪分の摂り過ぎをやめて自分に合った運動を行い、ストレスを感じすぎないような生活を続けることが狭心症の元凶となる動脈硬化を予め防止するポイントだといえます。
耳鳴りは2種類に大別され、本人にしか感じられないという部類の「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように他の人にも高性能のマイクロホンを使用してみると聞くことのできるというタイプの「他覚的耳鳴り」があるのです。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂質やコレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、肝硬変や糖尿病等々色々なトラブルを招く可能性が高いといわれています。
内臓脂肪症候群であるとは言われていなかったとしても、内臓脂肪が多く溜まる特性の悪質な体重過多を抱えてしまう事により、あらゆる生活習慣病を発症しやすくなります。
アミノ酸の一つグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘引する悪質な物質を身体の中で解毒し、肝臓の性能を促す能力が認められているのです。
歳を重ねることに縁る難聴ではじわじわと聴力が落ちるものの、普通は60歳を超えないと耳の衰えをなかなか自認できません。
「肝機能の減衰」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、そしてγ-GTPなど3種類の数値で確認することができますが、ここ2、3年肝臓の機能が低下している国民の数が明らかに増加しているとされています。